新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

コンクリート内部探査器
(RCレーダー) ハンディサーチ
NJJ-95A/NJJ-95B/NJJ-105

カラー表示で見やすく、CFメモリーカードでさらに使いやすい

特徴

・コンクリートかぶり測定要領 (案) 『電磁波レーダー法』に適合した商品です。

・コンクリート内部の鉄筋の他、塩ビ管、空洞などの非金属物も探査可能です。

・水分を多く含む若齢コンクリートは探査できない場合があります。

・表示されたカラー液晶画面の読み取りに多少の訓練を要します。 (公的資格は不要)

・付属メモリーカードのフォーマットは本器設定画面から行ってください。 パソコンでフォーマットすると使用できなくなることがあります。

・測定個所の印刷は付属のサーマルプリンタ (ケーブルレス) で行います。

・パソコンで報告書を作成できるソフト「RCレポートメーカー」はオプションです。



仕様 (本体)

メーカー 日本無線
型式 NJJ-95A NJJ-95B NJJ-105
測定方式 レーダー方式 レーダー方式 レーダー方式
探査対象物 鉄筋、塩ビ管、空洞など 鉄筋、塩ビ管、空洞など 鉄筋、塩ビ管、空洞など
かぶり厚さ (※1) 0.5~20cm 0.5~30cm 0.5~30cm
かぶり分解能 ***** ※2 浅モード:約1mm 深モード:約2mm 浅モード:約1mm 深モード:約2mm
水平方向分解能 ***** 深度75mm未満:75mm以上
深度75mm以上:深度以上の間隔
深度75mm未満:75mm以上
深度75mm以上:深度以上の間隔
水平方向距離分解能 ***** 約5mm 2.5mm
最大探査距離 (※3) 15m 15m 15m
ディスプレイ TFTカラー液晶 (640×480ドット) TFTカラー液晶 (640×480ドット) TFTカラー液晶 (640×480ドット)
深度校正 ***** 6~11 0.1ステップ 2.0~20.0 0.1ステップ
最大走査速度 (※4) 40cm / 秒 40cm / 秒 40cm / 秒
メモリーカード (CF) 64MB 512MB 1GB
作動環境 0~50℃ 0~50℃ 0~50℃
電源 専用バッテリーパック 専用バッテリーパック 専用バッテリーパック
寸法 W149×H147×D216 W149×H147×D216 W149×H147×D216
重量 約1.1kg 約1.1kg 約1.2kg
標準構成品 本体、プリンター、バッテリー5個 (本体、プリンター兼用) 、ACアダプター、充電器、メモリーカード、取扱説明書 本体、プリンター、バッテリー5個 (本体、プリンター兼用) 、ACアダプター、充電器、メモリーカード、取扱説明書 本体、プリンター、本体用バッテリー3個、プリンター用バッテリー1個 (本体装着) 、本体用ACアダプター、本体用充電器、プリンター用充電器、メモリーカード、取扱説明書

※ 1:コンクリートの比誘電率6.2、鉄筋径6mm以上での上端筋の場合
※ 2:NJJ-95Aの*****欄はカタログに掲載がありません。
※ 3:1回の測定でのデータ保存限度
※ 4:速度超過ブザーあり

仕様

(プリンター NJJ95A / NJJ95B用)

形式 セイコーインスツル製DPU-3445
方式 感熱 (サーマル) 式
紙幅・長さ 112mm・28m
作動環境 5~40℃、30~80%rh
電源 専用バッテリーパック (7.2V 1500mAh)
寸法 W160×D89×H29.5mm (ペーパーホルダー含まず)
重量 250g (本体のみ)
 

ハンディサーチの操作方法

コンクリートの断面を画像として表示するので探査対象に対して直角に交わる方向に操作をします。鉄筋断面が山形の画像に変わって表示されます。

ハンディサーチの操作方法

NJJ-95Bクイックマニュアル(写真をクリックすると拡大されます)

1.探査する前の準

①準備物の確認

・本体

・プリンタ

・バッテリー

②バッテリーを装着する。

③本体の後部にある電源のスイッチを入れる。

※バッテリーと充電器の仕様

*使用環境により動作時間や充電時間は異なりますのでご注意下さい。

2.表示モードの設定

①【SET】を押します。

②【↑↓】を押して「表示モード」を選択します。

③【 →】を押して横に移動します。

④【↑↓】で内容を変更します。上記2つのモードが選択できます。

⑤【SET】を押して完了です。

3.計測方法

◎あらかじめ下記のように探査開始位置(下記図の黄線)と終了位置(下記図の青線)を決めてから、探査を行うとスムーズに測定が出来ます。

①探査開始位置に本体を置き、【START】を押します。

②探査機を進行方向に向かって走らせます。

○感度変更

測定中にもしくは測定終了後に調整が可能です。必要に応じてご活用下さい。【GAIN】を押すと感度の調整が出来ます。【GAIN】を押すたびに下記のように切替わります。

③終了位置まできたら【START】を押して終了します。

4.計測したデータの管理方法

計測したデータは必要に応じてCFカードに保存もしくは印字することができます。

4-1 CFカードに保存する場合

①【SET】を押し設定画面を開きます。

 

②【↑↓】を押して「外部出力」を選択します。

④【↑↓】で内容を「CF[バイナリ]」もしくは「CF[テキスト]」に変更します。

⑤【SET】を押してメイン画面に戻ります。

⑥【OUTPUT】を押して保存します。画面に「書き込み中」と表示されます。

⑦保存したデータは【CF】を押すと確認することが出来ます。

4-2 印字する場合

①【SET】を押します。

②【↑↓】を押して「外部出力」を選択します。

③【→】を押して横に移動します。

④【↑↓】で内容を「プリンタ[I]」に変更します。

⑤【SET】を押してメイン画面に戻ります。

⑥プリンターにバッテリーをセットします。

⑦プリンターの電源を入れます。

⑧赤外線投光部に受光部を本体正面にし【OUTPUT】を押す。

⑨計測結果がプリントされるので、すべて印刷されるまで、⑧の状態のままにしておく。

5.画像処理

探査により入力されたデータに対して処理を行い探査結果から探査対象物の判断を容易にします。画像処理は5つのモードがあります。

①固定表面波処理(固定)※電源挿入時のモードです

②ピーク処理(ピーク)

ピーク処理は、表面処理結果の多重エコーを表示します。多重エコーの影響で探査対象物の深度がわかりにくいときに使用して下さい。ただし、コンクリートよりも比誘電率が低い物(空洞などの探査には使用できません。ピーク処理は固定表面波処理(リアルタイム自動表面波処理を含む)、マニュアル表面波処理(リアルタイムマニュアル減算処理を含む)及び減算処理のそれぞれの処理結果に対して行うことが出来ます。

③原画再生(原画)

画像処理結果を元に戻し、処理を加えない生データを表示する処理です。

④マニュアル表面波処理(マニュアル)

マニュアル表面波処理は、探査結果においてコンクリート表面付近からの反射の影響が取り除ききれないときに使用します。

⑤演算処理(演算)

減算処理は、探査終了後の画面で下記の図のように深度約20cm以上の高深度領域にある横稿状の反射波を取り除くために使用します。

○画像処理各モード変更方法

計測していないでメイン画面にいるときに【PRCS】を押すと、処理の横が黒貫になり【↑↓】でモードが変更可能です。必要なモードになったら【PRCS】を再度押して確定します。モードは下記のように切替わります。

 

 

 

NJJ-105クイックマニュアル(写真をクリックすると拡大されます)

1.探査する前の準備

①鉄筋のだいたいの位置を把握しマーキングする。

②バッテリーを装着する。

③本体の後部にある電源のスイッチを入れる。

2.探査を始める

探査をするには下記の2種類の方法があります。

○探査する場所に直接墨出し(マーキング)する方法

①スタートボタンを押します。

②探査機を進行方向に向かって走らせます。

③画像を見ながら墨出し(マーキング)を行います。

○探査する範囲をあらかじめ決めてその範囲を探査する方法

①スタートボタンを押します。

②探査開始位置と終了位置を決める。

③探査機を進行方向に向かって走らせます。

④終了したらもう一度スタートボタンを押してください。

⑤探査したデータをもとに鉄筋の位置を調べます。探査結果の解析方法は「3.探査結果の解析」をご覧ください。

3.探査結果の解析

探査し、表示された画像から鉄筋の位置を読取ります。

①【SET】を押して設定画面を表示します。

②【十字ボタン】を使い表示モードを【BAモード波型(反射波形)】に変更します。

③変更が完了したら【SET】を押して測定画面に戻ります。

④データ上で鉄筋の位置を測定します。

(1)十字キーを使用して、X軸、Y軸それぞれの山の頂点にカーソルを合わせます。

(2)X軸、Y軸の数値を読み取ります。

4.おすすめの設定

○高分解機能を追及して探査したい時

①【SET】を押して設定画面を表示します。

②【十字ボタン】を表示色を【モノクロ2】に変更します。※3-②と同じです。

○晴れた日に屋外で探査したい時

①【SET】を押して設定画面を表示します。

②【十字ボタン】を表示色を【カラー3】に変更します。

 

 

 

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る