新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

コンクリートテストハンマー NR型

特徴

・コンクリート表面を打撃し、ハンマーの反発の程度によりコンクリート圧縮強度を推定する最も普及した測定器です。

・普通コンクリート用のテストハンマーです。 (N型、NR型共)

・反発値は記録用紙に棒グラフとして記録します。 (NR型のみ)

・記録用紙は消耗品につき、販売となります。 (ロック用と共通)

・若材齢では使用できません。

・「シュミットハンマー測定箇所シート」を販売しています。ご注文時お申しつけ下さい。



仕様

メーカー プロセク
型式 N型 NR型
測定範囲 (圧縮強度) 10~70N / mm2
衝撃エネルギー 2,207Nm
記録用紙 なし 1巻 / 2000回以上測定可能
寸法 φ54×275mm 275×135×70mm
(プランジャー格納、突起物含まず)
重量 1kg 1.4kg

 

クイックマニュアル

1.試験前に準備するもの

シュミットコンクリートハンマー

記録紙

カーボランダムストーン(測定面研磨用)

2.記録紙取り付け方法

①ケースカバー固定用ノブを左回りに回しケースを開きます。

②リールを回していくと記録紙を差し込む穴があるのでその穴に記録紙の先端を差込み、リールを右回りに回して装着してください。※記録紙は必ず、ケースカバーが開いた状態でスケールと同じ数字の向きで装着してください。

③記録紙のロール側はノブを上に引っ張りながら装着してください。

3.記録紙取り外し方法

①ノブを上に引っ張りながら記録紙のロールを外します。

②リールから外せば完了です。

4.測定方法

①裏側にあるプッシュボタンを留めているテープを外します。

②テープを外したら測定箇所に、プランジャーを押し付けると、自動でロックがはずれ測定が可能になります。

③測定は測定面に対し垂直に正しい持ち方で行ってください。

④測定終了後はプランジャーが縮んだ状態でプッシュボタンを押しながら測定面から離し、固定が確認されたらプッシュボタンを離してください。測定をしない場合は①で取り外したテープの貼り付けをお願いします。

5.記録の読み方

付属の記録用紙のメモリは反発度2刻みで入っています。図で示す測定結果は反発度82を示します。

測定後の計算は、下記記載の「強度換算早見表」又は付属の「テストハンマーによる強度推定調査」の6つのポイントをもとに行ってください。

換算式 F(N/㎟)=(-18.0+1.27×R0)×α  R0:基準反発度  α:材齢計数

この表は材齢28日~91日間に測定した反発度からF(N/㎟)を簡単に求めるための表として、

α=1(材齢補正なし)にて作成しました。

打撃角度0°以外の値は、打撃角度補正値グラフ(土木学会規準JSCE-G504)から補正値を読み取り、0°の値に加減しました。

 

ページ上部に戻る