新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

コーンペネトロメーター
(ポータブルコーン貫入試験機)

特徴

・粘性土や腐葉土などの軟弱地盤の土層構成や厚さ (深さ) などを求める時に使用します。

・建設機械のトラフィカビリティ (通行性能) や、盛土締め固め管理、戸建住宅地の地耐力の判定に使用されています。

・一人が先端コーンを人力で貫入させ、もう一人がそのときにかかる抵抗力を読み取り、記録します。



仕様

貫入深さ限度 3~5m (土質による)
ハンドル付プルービングリング 1KN
継足ロット 長さ50cm×10本 (目盛5cm毎)
先端コーン 大6.45cm2 / 小3.23cm2
スパナ 2本

 

クイックマニュアル(写真をクリックすると拡大されます)

1.試験前に準備するもの

  • ハンドル付ブルーピングリング(1000N)
  • ロッド(50cm) 質量0.78kg
  • 先端コーン大6.45cm2   質量0.13kg※先端コーン小は締め固めた土のコーン指数試験でご使用ください。
  • 片口スパナ

2.測定方法

①先端コーン(先端コーン大6.45cm2をご使用ください)をロッドに緩みがないように接続し、ロッドの上端を本体に固定します。(以下接続は片口スパナを使い緩みがないように接続してください)使用するロッドは初めメモリに10記載のものを使用してください。(ロッドは10→60→110→160→210→260→310→360→410→460の順にご使用ください)試験を始めるに際して土層表面に瓦礫混入部分がある場合には掘り起こし自然地盤を露出させておいてください。

②コーンペネトロメータを地盤に垂直に立て、押し込み用ハンドル部の重量のみがブルーピングリングにかかるようにしながら(手の力が加わらない状態)リング①のダイヤルゲージ面盤を回転して大指針を零に合わせます。

③試験を行う地盤に本器を直立させ、押込用ハンドルを握り衝撃が加わらないよう、且、傾かないよう注意しながら垂直に圧力を加え、1cm/sec程度の速度で静かに先端コーンを貫入させていきます。

ロッドにつけた10cm間隔の刻線(刻線は5cm毎についています)が地表面に一致した時貫入を一時中止し改めて圧力を加えコーンが動き出す瞬間のダイヤルゲージの読み値Dを読み取ります。

 

④最終深さまで測定した後、先端コーンおよびロッドを引き上げて取り外し、先端コーン等に異常がないか点検します。

⑤貫入抵抗の測定は、同一試験地点の附近で二回以上行い、各測定深さ毎の平均値を求めます。

⑥測定値の結果の整理は取扱説明書P.2を参照してください。

計算例

測定深さ:1M

ロッド本数(n):3本 質量(1本):0.78kg

※計算時先端ロッドの質量は通常のロッドと同じ物と考える

先端コーン大6.45cm2   質量0.13kg

荷重計読み値(D):23.6

較正係数(K):2.885

※較正係数は付属の検査成績書をご確認ください。

貫入力(KD)

K×D

2.885×23.6=68

コーン貫入抵抗(qc)

1.55{KD+1.28+7.65n}

1.55{68+1.28+(7.65×3)}=143

※計算式の少数点はすべて四捨五入しています。

3.自動計算フォームを使用してのコーン貫入抵抗(qc値)の求め方

①QRコードを読み取り㈱関西機器製作所の「qc値自動計算フォーム」にアクセスします。

②表示されたページの入力欄に必要項目を入力するだけでqc値が自動計算されます。

 

 

ページ上部に戻る