バックホウ
3D刃先管理システム

特徴

・GPS2台と、チルトセンサーを装着したバックホウで、3次元にてバケット刃先位置を常時モニターします。

・3次元設計データと施工状況を運転席のモニターに視覚的に表示し、切り盛りをガイダンスします。

・バックホウのアーム、ブームなどに装着するセンサー金具は溶接で固定します。センサーはケーブルで配線接続します。

・貯水池など曲線の多い複雑な形状の現場での掘削作業、法面成形作業で有効に活用できます。

・次のような画面表示の特徴があります。

①設計外のとき赤ライン、設計内のとき緑ライン表示

②バケットの刃先位置と角度が視覚的に表示

③バックホウが作業箇所に正対しているか視覚的にコンパス表示



バックホウ3D刃先管理システム

ページ上部に戻る