新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

弾性波速度測定器 PS-1 NEO

極めて小さい、手のひらに乗るデジタル表示型の1ch弾性波速度測定器です。

特徴

・リセットボタンを押してから、ゲインを調整し、ハンマーで起振点を打撃すれば、受振点までの弾性波の到達時間が表示されます。

・硬い岩盤ほど弾性波速度が大きくなる性質を利用し、地盤・岩盤状況推定に使用します。

・トンネル試掘横坑、切り土の法面安定性評価、道路・土地造成などにおけるリッパビリティ (掘削難易性) などに使用します。

・ハンマースイッチを固定したハンマーで岩盤を打撃し、震源を発生させます。 (打撃ハンマーはお客様手配)

・電源は単3乾電池で動作できるため、現場での作業が容易にできます。

用途

・トンネル、試掘横坑などの速度測定

・岩盤露頭の速度測定

・道路、土地造成などにおけるリッパビリティー(掘削難易性)の判定

・その他弾性波速度を利用する各種測定

・ハンマースイッチ~受振器の延長ケーブルは30mです。



仕様 弾性波速度測定器 PS-1 NEO

メーカー 応用地質
型式 PS-NEO
時間表示 0.00~99.9msec
時間精度 0.1%以下 (±1デジット)
利得 80dB (max)
周波数特性 50~500Hz
電源 単3乾電池×4本 (連続12時間測定可能)
寸法 / 重量 W95×H162×D35mm / 230g (乾電池含まず)
受振器 28Hz、ケーブル長1m
ハンマースイッチ ケーブル3m付

クイックマニュアル(写真をクリックすると拡大されます)

1.試験前に準備するもの

2.測定方法

①ハンマースイッチを【TRIGGER】に、受信器を【GEOPHONE】に接続し、受信器を測定面に設置します。延長コードは測定区間長が2m以上となった場合ご使用ください。

※受信器の設置面が硬い場合は、トリポットベースを、軟らかい場合は、スパイクを用いてください。

②ハンマースイッチはビニールテープなどでしっかり固定して下さい。

③【POWER】を押して電源を入れます。

④【GAIN】を左に回し最小値に設定します。

⑤【GAIN】を右に少しずつ回していきますと、ある位置(利得)でノイズによって「OVER」 と表示されます。ここで、【GAIN】を少し左に回し下げます。

(【GAIN】はノイズによって、「OVER」が表示される直前の位置に設定するようにして下さい。)

⑥測定点をハンマで打撃(起振)します。同一測定点において5~10 回の測定を行ない、データに再現性があることを確認してください。

⑦測定後、測定した伝播時間を使用して弾性波速度を求めてください。(弾性波速度=距離/伝播時間)

 

 

 

 

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る