西尾レントオールの測量機、測定器、ICT施工システム、安全・通信システム を扱う部門のホームページです。
建設機械やイベント向け機材のレンタルはこちら

ドローン (UAVマルチコプター) による写真測量 3次元測量

ドローン(UAVマルチコプター)

特徴

<写真計測・リモートセンシング対応型>

●GPS制御による自動航行が可能

機体に搭載のGPSがリアルタイムに信号受信し、自立飛行。

●動画・静止画撮影が可能

自動シャッター機能での写真撮影・動画を記録ができます。

●専用ソフトにて三次元地形モデリングが可能

●搭載機材のオプションあり(ガス検知器・ウィンチ等)

ドローンによる3次元写真測量の流れ

①図面等と現地下見を実施し、飛行可能なエリアの判断

②飛行計画の作成

③天候を見極め、飛行予定日を決定

④測量飛行を実施

⑤解析

⑥3次元モデル入力

※重要

①弊社実施のマルチコプター講習受講者のみレンタル(航行)いただけます。

②安全面、各種規定により飛行を禁止する場所や区域があります。また、第三者の敷地上空の場合は、事前に所有者などに了解を得る必要がありますので、ご注意ください。



空中写真 

<活用例>

● 土砂災害・火山災害ほか 各種調査業務

● 建物、橋梁点検

● 大型建築現場における土量計算

● 空撮など

仕様

形状 (W×D×H) 1,100×900×470mm (開) 500×490×520mm (閉)
重さ

(機体本体、映像伝送装置、データ取得装置、カメラジンバル、バッテリー)

8.84kg

(4,370g、150g、304g、480g、1,368×2g)

 電源 (リチウムポリマー) ×2個  22.2V 24,000mAh (12,000mAh×2) 対応
飛行可能気象条件

飛行時間、ペイロード

最高飛行速度、最高飛行高度

風速10m/s以内、小雨

10分~25分 (ペイロードによる) 、5kg

60km/h、海抜1,500m

手動操作可能距離 / オートパーロット 500m~1,000m (2.4GHz) / DJI WooKong-M
カメラジンバル / 映像受信モニター、映像伝送距離、周波数 2軸制御ジャイロ搭載 / 7インチ、約1km、2.4GHz

 

◆無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン)について (国土交通省 航空局)◆

弊社は上記ガイドラインに沿ったレンタル・業務を実施します。

ドローン(UAVマルチコプター) 紹介動画

ドローンによる3次元計測技術を活用した土木工事現場の生産性向上を支援するサービス

(i-Con測量サービス)を開始しました

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る