新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

オートレベル AT-B2

高倍率の高性能モデル

特徴

・測量から土木、建築まで幅広くカバーします。

・補正鏡を懸垂する4本の強靭な特殊サスペンションワイヤーと磁気制動方式の自動補正機構を採用。補正範囲が広く振り子が素早く静止する特性を持つので、本来の傾きにかかわらす視準線を水平に保ちます。

・最短合焦距離が20cm※1狭い場所での観測に威力を発揮します。

・合焦ネジを回す速さによってスピードが2段階(粗動・微動)に自動的に切替わり、素早く合焦ことができます。

・水平方向の位置決めは、クランプレス方式を採用。左右どちらからでも操作ができる様に、両側にノブを配置しました。

・円方気泡管の上部にペンタプリズムを装備。望遠鏡を視準する姿勢のままで気泡の確認・整準が可能です。

・水平目盛盤を利用すれば1°単位で水平角を読取ることが可能です。目盛盤は自由に回転させることができますので任意の角度を測定できます。

・IPX6と優れた防水性能で、突然の雨や過酷なフィールドでも利用できます。※2

※1 望遠鏡先端より

※2 試験環境下での性能あり、無破損・無故障を保証するものではありません。



仕様

メーカー トプコン
望遠鏡倍率 32倍
最短合焦距離 20cm (望遠鏡先端より)
自動補正範囲 ±15′
1km往復標準偏差 0.7mm
寸法 W130 × L215 × H140 mm
本体重量 1.85kg

 

クイックマニュアル(写真をクリックすると拡大されます)

①三脚を立てます。

②レベルを三脚に乗せ、定心桿で固定します。

③整準します。

※3本の整準ネジを調節して、気泡を円の中央に入れます。本体を180度回転させ気泡が内円内にあることを確認します。(回転させると気泡位置が、内円内に入っていれば自動水準機能(オート機能)が作動し、視準する高さの誤差は精度内です。ご安心ください。

④視度調整を行います。※接眼レンズを覗き、視度環を回して、視野内の十字線にピントを合わせます。

⑤ピントを合わせます。※光学式照準器を使い、望遠鏡を目標物に向け接眼レンズを覗き方向微動ノッブを回して、視野の中央に入れます。

⑥観測します。

取扱上の注意

・円形気泡管は、精度の高い気泡管を使用しているため、急激な温度変化が原因で気泡の位置が移動することがあります。(炎天下の自動車や暖房機器の効いた部屋で温まったものを屋外に出してすぐの使用等)※対策はオートレベルが外気温度と同じになってから整準することにより解決します。また、使用中は気泡管に直射日光が当たらないようにする。

・天秤かつぎは避ける。※本機を三脚に取り付けたまま移動する場合、三脚を垂直に持ち機械に衝撃を与えないよう注意して下さい。

・落とさないこと。※振動や衝撃を与えると自動補正機構が故障します。

・雨に濡れたら乾燥させる。※機械が雨に濡れた場合、きれいな布で水滴をふき取り乾燥させます。濡れたままケースに収納しないで下さい。

・保管場所に注意。※湿気が少なく、日の当たらない場所に保管して下さい。夏季の締め切った車内や、冬季ストーブ等火の側での保管はお止めください。

・運搬時の注意。※運搬の際、ケース入りの機械を座席シートの上に置き、愛情運転をお願いします。

・分解、改造はしない。※取付ネジ類などは、絶対に回さないで下さい。本機の性能維持ができなくなります。

 

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る