新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

振動レベル計 VM-52

Lv(振動レベル)・Lva(振動加速度レベル)・Lep(パワー平均)・Lmax(最大値)・Lx(時間率レベル)を同時演算、切り替え表示

特徴

・地盤や床の振動を測定します。建築現場での工事振動の測定に使用します。

・瞬時値のほかに時間率レベル、パワー平均、最大値を大型表示画面にデジタル表示します。

・3方向 (XYZ) 同時に測定可能で (表示は1方向のみ) 、出力端子は3方向独立して出力されているためレベルレコーダー (オプション) を3台用意すると同時に記録できます。

・振動レベル計は屋外での使用が多く、直接地面において使用することを考慮し、入出力コネクターは全て上部パネル面に配置しました。



振動ピックアップ仕様

検出方向 3方向 (X、Y水平、Z鉛値)
寸法 / 重量 φ67×40.7mm / 約350g
ケーブル長 3m (標準)
 

本体仕様

メーカー リオン
適用規格 計量法 JIS C 1510-1995
測定機能 振動レベル (Lv) 、振動加速度レベル (Lva) 、時間率レベル (Lx) 、パワー平均 (Leq) 、最大値 (Lmax)
測定範囲 30~120dB (振動レベル・加速度レベルとも) 1~80Hz
周波数範囲 計量法・振動・振動加速度レベル1~80Hz JIS・振動・振動加速度レベル1~80Hz
周波数補正回路 計量法またはJIS規格による鉛直振動特性とJIS規格による水平振動特性 平たん特性・JIS規格による平たん特性
実効値回路 真の実効値検出回路、動特性0.63s
レベルレンジ切替器 20dBより50dB幅、10dBステップ、6段
出力校正 内蔵発振器 (31.5Hz正弦波) による電気的校正
演算 時間率レベル L5、L10、L50、L90、L95を累積度数分布により3方向同時に演算
最大値 指定時間内で振動または振動加速度レベルの2乗平均を3方向同時に演算
演算時間 10・500秒、1・5・10・15分、1・8・24時間およびマニュアル (最長99時間59分59秒) 、ただし、時間率レベルの演算時間は最長1時間
サンプリング周期 10ms (パワー平均、最大値)

100ms (時間率レベルただし、演算時間500秒の場合は5秒)

数値表示 4桁表示、表示周期1秒、分解能0.1dBX、Y、Z手動切替
バーグラフ表示 目盛範囲50dB、表示周期0.1秒、

分解能10dBX、Y、Z同時表示

警告 Over・Under表示
電池電圧 残量を4段階表示
使用温湿度範囲 -10~+50℃、90%RH以下
電源 単2形乾電池×4個 / ACアダプター
寸法 / 重量 18×20×7cm / 1kg
品質書類 発行可能
本体及び付属品 本体、ピックアップ(センサー)、

ピックアップケーブル、

BNC-BNCケーブル、ACアダプター、

マンガン単2電池×4、

収納ケース、取扱説明書

 

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る