新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

絶縁抵抗計
(メガー / メクオームテスタ) 3321A

特徴

・屋内配線の電線相互間や、電路と大地間の絶縁抵抗値測定に使用されます。

・可搬型発電機、水中ポンプ、電動工具などの絶縁性能を測定するときにも使用します。

・測定単位はMΩ (メグオーム) です。

・AC 0~600Vまでの電圧測定機能があります。

・暗い場所でも目盛り読み取りが可能な照明付です。

・両手で作業ができる首かけベルト付です。

・品質書類付です。



仕様

メーカー 共立電気計器
型式 3321A
絶縁抵抗計 定格測定電圧 250V 500V 1000V
有効最大表示値 50MΩ 100MΩ 2000MΩ
中央表示値 1MΩ 2MΩ 50MΩ
有効測定範囲 0.05MΩ~20MΩ 0.1MΩ~50MΩ 2MΩ~1000MΩ
確度 ※ 指示値の±5%
電圧計 測定範囲 AC 0~600V
確度 最大目盛値±3%
電源 単3乾電池×6本
寸法 / 重量 (L)105×(W)158×(D)70mm / 520g (電池含む、コード類含まず)
構成品 本器、測定コード (リモートスイッチ付)、先端金具 (ロング / 取替用)
ガード付接続コード、フラットテスト棒、ワニ口クリップ

※周囲温度18~28℃、湿度45~75%、位置:傾斜角度5度以下、外部磁界:地磁気のみ、電池電圧:有効範囲内の条件下にて

 

クイックマニュアル(写真をクリックすると拡大されます)

1.付属品のチェック

 

2.コードの接続

①本体と測定コード、アース線を接続します。

 

②測定コード黒色側(アースコード)の先端を取り付けます。

3.ゼロ点検調整

測定する前にメータゼロ調整を行います。

本体を傾斜させて使用する場合は使用する角度でその都度メータのゼロを確認して、指針を∞目盛の中央に正しく合せます。

 

4.測定前に

測定レンジの選択をします。

測定する回路に印加しても良い電圧を確認した上で希望の絶縁抵抗レンジを選択します。

 

※注意

測定前には停電のチェックを行い、被測定回路に電圧がかかっていない事を確認の上測定して下さい。

5.測定スイッチ

①測定コードの赤色(ラインプローブ)と黒色(アースコード)の先端を測定物に当てた状態で測定スイッチもしくはラインプローブのリモートスイッチを押します。

 

!危険

測定スイッチを押している間は測定コード及び被測定回路に高電圧が発生しています。

触れると感電しますので充分注意して下さい。電池蓋を外した状態で絶対に測定しないで下さい。

②連続して測定を行う場合は測定スイッチを押しながら左に回してください。

測定スイッチがロックされ、連続測定が可能です。

測定が終了したら、測定スイッチを右に回して元の位置に戻してください。

 

!危険

測定コードの先端には、連続して高電圧が発生します。

測定が終了したらロックを解除して下さい。ロックをしたまま放置をしないで下さい。

感電する恐れがありますので、充分注意して下さい。

6.測定

a,電線相互間の測定

①回路の遮断器をOFFにして負荷と電源を切り離します。

②負荷となる電球やテレビなどの電気機器を外して回路のスイッチを全てONにします。

③絶縁抵抗計の測定コードを遮断器の負荷側に接続します。

④測定スイッチを押して測定します。

!危険

測定終了後すぐに被測定回路に触れないで下さい。感電する恐れがあります。

メータの指針が左端に戻るまで測定コードは繋いだままにして下さい。

b,電路と大地間の測定

①回路の遮断器をOFFにして負荷と電源を切り離します。

②負荷となる電球やテレビなどの電気機器を外して回路のスイッチを全てONにします。

③絶縁抵抗計の測定コードを遮断器の負荷側に接続します。

④測定スイッチを押して測定します。

!危険

測定終了後すぐに被測定回路に触れないで下さい。感電する恐れがあります。

メータの指針が左端に戻るまで測定コードは繋いだままにして下さい。

c,交流電圧の測定

交流電圧を測定する場合、レンジ切換スイッチはどの位置でも構いませんが、

なるべくAC.Vレンジを使用して下さい。

①測定コードの赤色(ラインプローブ)を回路のライン側に黒色(アースコード)を回路の接地側に接続して下さい。

②測定スイッチ及びリモートスイッチは押さずに交流電圧の目盛の指示値を読みます。

!危険

◎感電の危険を避ける為、測定電圧範囲以上(対地電位AC/DC600V)の電位のある回路では絶対に使用しないで下さい。

◎電圧測定中に測定スイッチ、リモートスイッチは絶対に押さないで下さい。

◎測定中測定コードの先端同士で回路を短絡しないようにして下さい。

 

 

 

 

 

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る