地上移動体搭載型レーザースキャナー
ProScan(プロスキャン)

地上移動体搭載型レーザースキャナー

特徴

・移動しながらの計測による高い生産性と効率化

・ICT舗装工において地上型スキャナーの盛替えの手間を解消します。

 


ProScan主要機器構成

 

計測時間と解析時間で大幅な削減が可能に

ICT舗装工事の起工測量における時間短縮の例(施工面積4,320m2での試行)

〈国土交通省 H30年度より開始する事項~新技術への対応(舗装工)より抜粋〉

 

 

ProScan での ICT 舗装工(検証面・検証点等の配置)

•現場基準点から後方交会でTSの位置を決定(工事基準点のチェックは必要)

•最大計測可能な距離において検証面/検証点を作成・計測

※ICT舗装工における推奨距離

TS器械点より最大計測距離 200m

ProScan軌跡より最大計測幅 15m(両翼30m)

〈国土交通省 地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要項 舗装工事編(案)より抜粋〉

 

ProScan TPS トラッキングによる計測方法

最低6秒ごとに座標系の更新を行う
4秒停止により正確な座標値を決定

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る