新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

デジタル粉じん計 LD-5D型

100mg/㎥まで測定できる高濃度用

特徴

・シースエアー機構により光学系の汚染を気にせず、高濃度粉じんの作業場で安定した測定がおこなえます。

・大型フィルターの採用により、高濃度測定においても長期使用が可能です。

・フィルターの汚れ具合が視認できるようになっています。

・あらかじめK値を入力することで、測定値(CPM)を質量濃度(mg/m3)に変換し表示することができます。

・測定前の「SPAN CHECK」と「BG測定」により自動的に出荷時の感度を維持します。

・測定値(CPM)は本体に記録が可能です。(ロギング測定モードの場合)

・記録した測定値は付属のUSBケーブル及び通信ソフトによりテキスト形式でPCに取込み、保存が可能です。

・測定中は濃度に応じた電圧またはパルスが出力されます。

・電源は乾電池またはACアダプターが使用可能です。

・市販の三脚に取り付けることができます。



仕様

型式 LD-5D
測定原理 光散乱方式
光源 レーザーダイオード
測定範囲 0.01~100.0mg/㎥
測定感度 1CPM=0.01mg/㎥(較正粒子に対して)
測定精度 ±10%(較正粒子に対して)
表示器 グラフィック液晶ディスプレイ

(バックライト付、コントラスト調整可能)

表示内容 ●測定値

積算カウント表示:0~99999カウント(99999以上は00001から継続してカウント)

質量濃度換算値表示:mg/㎥

●測定時間 ●現在時刻 ●測定モード ●電池残量

●K値(設定された値。0.1~9.9)

●バーグラフ(測定中にスイッチを押すことにより瞬時値を表示)

測定モード ダウンタイマー 内臓ダウンタイマーにより測定時間を設定し、測定を行います。

6秒 10秒 30秒 1分 2分 3分 5分 10分

(電源を投入した初期状態は「1分」のダウンタイマーモードです。)

マニュアル 測定の開始と停止を手動で行います。
ログ

(ロギング)

測定開始日時、測定時間、周期を設定し、測定データを本製品に記録しながら測定を行います。

データ収録点数:最大63488点

スパンチェック 感度較正用散乱板を挿入し測定を行うことにより、散乱板の値を測定し、補正値を記憶します。
BG

(バックグラウンド)

クリーンエアで検出器を満たした状態で設定を行いBG値を測定します。

次回測定値から自動的に差し引かれます。

出力 ●USB/RS-232出力(専用ソフト付通信ケーブルによる)

●無電圧パルス出力:オープンコレクタ 耐電圧12Vmax

●電圧出力:0-1V(3レンジ選択可能)、出力インピーダンス 100Ω

使用環境 0~40℃ 5~90%rh(但し、結露無きこと)
電源 入力:DC12V

DC:単2乾電池8本/使用動作時間24時間※1(アルカリ乾電池の場合)

AC:ACアダプター

寸法/質量 245(W)×90(D)×190(H)mm(突起物を除く)/

約2.88㎏(電池含む)

※1 バッテリーの充電時間、使用時間は、使用状況や周囲の環境により変わります。

クイックマニュアル

1.準備物の確認

①マイナスドライバー

②ACアダプター

③本体

2.電源について

(1)ACアダプタの接続方法、乾電池の挿入方法接続部は本体の中にあります。

①本体を裏返します。

②付属のマイナスドライバーで四隅のネジを緩めます。

③裏側のカバーを外し、ACアダプターを本体の接続部に挿します。または乾電池を挿入します。

④再びカバーを取付けます。

(2)本体の測定・感度合わせノブを【MEASURE】にします。

(3)気口のカバーを下げます。

(4)【POWER】を押します。

3.BG(バックグラウンド)設定

(1)【MODE】を数回押し、「BG」に設定します。

(2)1分以上放置後、【START/STOP】を押します。

4.感度合わせ(スパンチェック)

(1)測定・感度合わせノブを【SENSI.ADJ】にします。

(2)画面に「SPAN CHECK」が出ることを確認します。

(3)1分以上放置後、【START/STOP】を押します。

(4)1分後に感度合わせが終了します。

カウント数値は、本体裏側のカバー内に記載されている標準散乱板値(S値)に近い数値(±5カウント程度)になります。(例では643) 離れている場合は、感度合わせを2回以上行って下さい。

5.測定方法

ダウンタイマ測定手動測定ロギング測定の3つの方法があります。

(1)ダウンタイマ測定

①【MODE】を押して設定時間を選びます。(例では02minを選択しています。)

②【START/STOP】を押し測定を開始します。ダウンタイマ測定中に【START/STOP】を押すと測定が中断します。

③測定終了後にK値を本体に記憶させておくことで【MASS/COMCEN】を押して質量濃度に変換することが出来ます。

(2)手動測定

①【MODE】を押し画面の左下の表示を「MANUAL」に設定します。

②【START/STOP】を押し測定を開始します。

③【START/STOP 】を押し測定を終了します。

(3)ロギング測定

①【MODE】を押し画面の左下の表示を「LOG」に設定します。

②【START/STOP】を押し「設定メニュー1/2」を表示します。

③【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし「SET MEASURE TIME」にあわせて【START/STOP】を押してロギング動作時間を設定します。※例では0003:10に設定します。

○時間を設定します。時間に下線があることを確認して、【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし時間を変更します。

○分を設定します。分に下線があることを確認して、【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし時間を変更します。

※設定範囲は0000:01~9999:59です。(時間:分で表示)

④【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし「LOG CYCLE」にあわせて【START/STOP】を押してロギング周期を設定します。 ※例では03:10に設定します。

○時間を設定します。時間に下線があることを確認して、【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし時間を変更します。

○分を設定します。分に下線があることを確認して、【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし時間を変更します。

※設定範囲は0000:01~9999:59です。(分:秒で表示)

⑤ 【MASS CONCEN】と【MODE】でカーソルを上下に動かし「START」に合わせ【START/STOP】を押し測定を開始します。

以上

 

 

ページ上部に戻る