新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

精密騒音計 (分析機能付)
NA-28

豊富な機能で、使いやすいコンパクト設計

特徴

・建築物・設備機器の遮音性能、衝撃音遮断性能の診断に最適です。

・1/1、1/3オクターブバンドを同時分析測定します。

・オクターブ分析測定データはCFカードに記録可能です。

・最大1000時間のデータをCFカードに記録可能です。

・データは専用ソフトにてEXCELに表示可能です。

・ソフトはメーカーより無料ダウンロード可能です。(2012年7月現在)



仕様

メーカー リオン
型式 NA-28
型式承認番号 第SLF061号
適合規格 騒音計:計量法精密騒音計 JIS C 1509-1:2005 クラス1、

JIS C 1516:2014 クラス1、

IEC 61672-1:2013 / 2002 class 1、

ANSI / ASA S1.4-2014 / Part 1 class 1

JIS C 1513:2002 クラス1、JIS C 1514:2002 クラス1、

IEC 61260:1995 class 1、ANSI S1.11-2004 class 1

H27年11月1日施行の新基準による検定
測定機能 騒音計モードと分析器モードを備え、それぞれにおいてメインチャンネル、サブチャンネルの同時測定を行う。周波数重み付け特性、時間重み付け特性はメインチャンネル、サブチャンネル個別に設定
測定モード 騒音計モード メインチャンネル、サブチャンネルそれぞれにおいて以下の測定項目に示すオールパス値を測定。サブチャンネルではLpeak、Ltm5いずれかを測定
分析器モード メインチャンネルではオクターブ、1/3オクターブバンド実時間分析およびオールパスを測定。サブチャンネルではオールパスのみ測定
測定項目 選択された時間重み付け特性、周波数重み付け特性にて全項目を同時測定

1)時間重み付けサウンドレベル Lp

2)時間平均サウンドレベル Leq

3)音響暴露レベル LE

4)時間重み付けサウンドレベルの最大値 Lmax

最大値はAPMaxとBandMaxが選択可能

5)時間重み付けサウンドレベルの最小値 Lmin

6)時間率サウンドレベル LN (1~99、1 Step) を最大5個

LpもしくはLeq、1secから算出 (日本語のときはLpのみ)

騒音計モードのサブチャンネルでは以下のいずれか1つの測定が可能

ピークサウンドレベル Lpeak

時間重み付けサウンドレベル区間内最大レベルのパワー平均値 Ltm5

周波数重み付け特性はサブチャンネルと同様

測定時間 1~59秒、1~59分、1~24時間
マイクロホンおよびプリアンプ マイクロホン UC-59 感度-27 dB±2 dB (re 1 V / Pa)

プリアンプ NH-23

測定レベル範囲 25~130dB (A特性)

33~130dB (C特性)

38~130dB (Z特性)

測定周波数範囲 10Hz~20000Hz
記録 CFカード (コンパクトフラッシュカード、標準付属)
電源 単2形乾電池×4本 / ACアダプター
寸法 331(H)×89(W)×51(D) mm
重量 約730g
品質書類 発行可能
構成品 本体、防風スクリーン、単2乾電池×4、ソフトケース、

CFカード、ACアダプター、取扱説明書

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る