新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました新機能追加!見積もりが簡単に! 各商品ページで見積もりシミュレーションができるようになりました

コンクリート充填検知システム
(ジューテンダー) CIFD-4

振動デバイスを利用した土木建築現場でのコンクリート打設に型枠内へのコンクリートの充填状態を確認します。

特徴

・コンクリート型枠内のコンクリート充填と締固めの両方を検知します。

・充填不足部分やバイブレーターによる加振状況がLCD画面で確認できます。

・振動デバイス (センサー) はCIFD-3とCIFD-4は共通で使用可能です。

・校正用のセンサーや校正コンクリートが必要なく、一つの振動デバイスで空気、不完全な状態 (水) 、コンクリートの識別が可能。

・振動デバイスは小型・薄型であるので狭い隙間の充填検知が可能。

・充填状況はリアルタイムで液晶画面の色の違いでわかりやすく表示し、打ちあがり時間などの記録も可能。

・振動デバイスのケーブルは延長 (約50m) 可能なため高所や離れた場所でも検知可能。

・NETIS登録番号:KT-090011-VE

適用例

・目視が困難な箇所へ打設されたコンクリートの充填および締固め程度の確認

・鉄筋や鋼材が過密に設置された構造物に打設されたコンクリートの充填及び締固め程度の確認

・高流動コンクリートの流動状況確認(充填時間の確認)

 

NETISサイトへ



仕様

メーカー 曙ブレーキ工業
型式 CIFD-4
検知方式 振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力 空気、不完全な状態 (水) 、コンクリート
測定チャンネル 16ch
表示 LCDモニタによるカラー表示
計測時間 約0.5秒 / 1ch当り
振動デバイスケーブル長 5m又は20m標準 (延長ケーブルにて最大50m)
記録データ数 400件
使用環境 0~40℃、5~85% (結露なきこと)
電源 AC100±10V以内
本体寸法 / 重量 280×200×110mm / 2.8kg
ターミナルボックス寸法 / 重量 240×140×60mm / 1kg
販売消耗品 振動デバイス5m、20m、延長ケーブル200m
 

構成品

品名 品番・仕様等 数量
本体 CIFD-4 1
ターミナルボックス TCIFD-02 1
接続ケーブル (本体‐ターミナルボックス) CT-01 1
接続ケーブル (本体‐パソコン) CPC‐01 1
USB接続ケーブル USB‐01 1
100V電源ケーブル (3P) CPS‐01 1
液晶画面保護板 39×24.5cm 1
データ転送ソフト CD-ROM 1

 

 

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る