アスファルト舗装密度測定器 PQI-380

舗装合材の品質管理に

●舗装合材の品質管理に

●放射線を使わず、安全で取扱簡単。資格も不要で小型軽量!

●電磁波で測定します

●表面温度計測、データ記録も可能

NETISサイトへ

特徴

・舗設後、アスファルト合材が冷める前に密度を測定 (転圧過不足の判断) する測定器です。

・測定面温度が60~70℃のとき最も安定した測定結果が得られます。

・測定するアスファルト合材の①基準密度、②最大粒径のデータが必要です。

・基準密度の近似値が得られる箇所でキャリブレーション作業を行った後測定開始します。

・電磁波を利用して測定を行います。他の放射線を利用した密度測定器で必要な資格や届出は不要です。

・測定方法が1回測定 (シングルモード) の場合、約3秒で測定結果を表示します。

・1地点5回測定の平均 (アベレージモード) の場合、測定結果を本体に保存できます。

・本体に保存した測定データは、プリンターに接続し印字できます。プリンターはオプション品です。 (PQI-301のみ)

・本体に保存した測定データは、USBメモリ→パソコンに移動可能です。 (PQI-380のみ)

・PQI-380液晶画面は大きく見易い反面、携帯電話などが落下すると破損することがあります。ご注意下さい。

・NETIS登録商品です。登録番号KT-120124-VE

・本商品は国土交通省の”NETIS” (新技術情報提供システム) において、活用効果評価済み技術 (VE登録) に変更されました。安定的な効果が見込める技術として認められ、活用効果調査表の提出は不要となります。

NETISサイトへ



仕様

メーカー TRANSTECH SYSTEMS
型式 PQI-380
表示範囲 表面温度:℃
密度:kg/
圧縮度・空隙率:% (切替表示)
測定面 直径28cm
測定深度 19~150mm
測定環境 外気温:7~43℃
路面温度:~175℃
メモリー点数 1000点
プリンター 接続不可
PCへのデータ移動 可能 (USBメモリー使用)
電源 内蔵バッテリー (充電式)
寸法 (D)27.9×(W)27.9×(H)30.4cm
本体重量 6.4kg
総重量 ※ 19.7kg

※ 収納ケース、付属品を含んだ一式の重量

関連情報

PDFデータになっています。ご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
ページ上部に戻る